• ランニング、洋書ミステリー、ドクターのつぶやき。ちょっとはなれてあれこれ考えました。

プリけつのひけつ

 いよいよ梅雨が始まってしまいました。緊急事態宣言のあいだ、ほかにすることがなかったので走ったり、歩いたりがずいぶん増えました。なわとびも回数だけならずいぶんできるようになりました。しばらくやらなかった競歩の練習も再開してみました。

東京陸上競技協会ホームページより

 毎年元旦!に行われる元旦競歩は、陸協の会員になればだれでも参加できる大会です。過去3回出場して1回だけ完歩しました。前回はケガのリハビリが間に合わず、ダメもとで参加しましたが、やはり全然ダメ、「やっぱり向いていないのかな」と思ってしばらく何にもしないでほっとくことにしました。
 走りばっかりだとあきるので、久しぶりにやってみたら前に苦労したことができるようになっている?!
 どうやらたくさん走っているうちにアキレス腱のひきつれがかなり改善したみたいです。だから楽に足が運べるようになり練習が楽しくなって、いっぱいやりました。
 競歩には厳密なフォームの規則があります。フォームを気にしながら歩くと前はきつくてひっかえりそうになっていたのが、同じかそれ以上のペースに上げても結構楽に歩けるようになりました。
 歩道のブロックを目印にして、両足が一本の線を踏むように歩くことを意識したら、肩の力が抜けて、呼吸もつらくなくなってきました。講習会で教わった、後ろの足で地面を押すという感覚がいまいちわからなかったのが、こんな感じ?としだいにわかってきたのかもしれません。
 着地の瞬間におしりをぷりっと回します。イメージで言うと着地のたびごとにおしりを左右にぷりっと回すので「プリけつ」と勝手に呼んでいます。頭の中で「プリッ、プリッ、プリッ」と繰り返しながら歩くとなかなかいい感じで歩けるのです。そのうちマスターズの競技会で試してみるつもりです。

 ところで娘が還暦祝いのケーキとベネックスのTシャツを買ってきてくれました。プレートの字が「環」暦になっている!と本人が気にしていましたが、このほうがいいかも。振出しに戻らず、これからも落ち着きなく動き回るほうがいい!!と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。