• ランニング、洋書ミステリー、ドクターのつぶやき。ちょっとはなれてあれこれ考えました。

国分寺お鷹の道

 10日間で100キロ走るイベントのために国分寺市のお鷹の道まで行ってきました。

清流がかたわらに流れる小道です。昔将軍家の鷹狩りの場所だったそうです。

湧水は水量も豊富で、きれいに管理されていました。

真姿(ますがた)の池の真ん中には弁天堂がありました。

武蔵国分寺正門前にある大門。江戸時代の大名屋敷にあったものを移築したそうです。

国分寺内万葉植物園の一景。ムシムシとした一日でしたが、ここだけは清涼感に包まれていました。

 西国分寺駅に向かう途中見かけた東京都公文書館。隣は都立多摩図書館でした。前の道は東山道(平安時代の街道)の一部だったそうで、そばには発掘跡も展示されていました。

 自宅から21キロ、もうちょっとがんばれば100キロに届きそうです。今日は給水をしっかりやったためか指のむくみは出ませんでした。やはり手指のむくみは脱水のサインとしていいようです。帰りは武蔵野線、池袋線で小一時間で帰れます。ちょっとした旅ランでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。