• ランニング、洋書ミステリー、ドクターのつぶやき。ちょっとはなれてあれこれ考えました。

海外歴史小説

弁護士の大活躍

 年末年始にいくつかミステリー物を読んだので紹介します。Litigatorはジョン・グリシャムさんの作品です。超大手の弁護士事務所に在籍する若手弁護士がある朝突然事務所から飛び出し、近場のバーに駆け込みます。そこでぐでん ...

続きを読む

Sycamore Row(シカモアの並木道)

 前回紹介したジョン・グリシャムさんのTime to Kill,Time for Mercyの2冊の間に出版されたのがこのSycamore Rowです。ミシシッピ州の片田舎の町クラントンに住む弁護士ジェイク・ブリガンスが ...

続きを読む

久しぶりのジョン・グリシャムさん

 だいぶ前にジョン・グリシャムさんの小説を読んで感心したのですが、アマゾンで新しい小説が出版されていたので久しぶりに読んでみました。  真子さん・小室さん夫妻の話がマスコミをにぎわせているので、アメリカの弁護士さんはどん ...

続きを読む

夕暮れと曙(the evening and the morning)

 ケン・フォレットの大聖堂シリーズ第4作が9月30日に上梓されました。舞台背景は起源1000年ごろのイギリス、ウイリアム征服王のイギリス上陸よりずっと前、まだイギリス沿岸をバイキングが荒らしまわっていた時代です。  いず ...

続きを読む

World Without End(果てなき世界)

 キングスブリッジ3部作の第2弾、第1作から200年後、町は繁栄し、第1作の主人公たちの子孫が今回は活躍します。 前に読んだときは前作ほどのインパクトがないと思いましたが、当時のヨーロッパ世界にきわめて大きな影響を与えた ...

続きを読む