• ランニング、洋書ミステリー、ドクターのつぶやき。ちょっとはなれてあれこれ考えました。

海外歴史小説

夕暮れと曙(the evening and the morning)

 ケン・フォレットの大聖堂シリーズ第4作が9月30日に上梓されました。舞台背景は起源1000年ごろのイギリス、ウイリアム征服王のイギリス上陸よりずっと前、まだイギリス沿岸をバイキングが荒らしまわっていた時代です。  いず ...

続きを読む

World Without End(果てなき世界)

 キングスブリッジ3部作の第2弾、第1作から200年後、町は繁栄し、第1作の主人公たちの子孫が今回は活躍します。 前に読んだときは前作ほどのインパクトがないと思いましたが、当時のヨーロッパ世界にきわめて大きな影響を与えた ...

続きを読む